基礎から固めて
適性検査も対応できる力を

当塾は当然「成績を上げる」「受験に合格させる」ということにも全力を注いでいますが、その先を見据えて「受験がゴールでない教育」を目指しています。成績を上げたその先、受験に合格したその先、社会に出たときになにが大切かが重要だと考えています。
社会に出たときに「常にだれかの指示がないと動けない」「自分から課題が発見できない」「問題の解決策を何も考えられない」とならないためには、子どものうちから「なぜ?」「どうして?」と考える癖をつけていく必要があります。
そのような指導を心がけているからこそ、桜修館中等学校を目指してもらいたいと考えています。受験の過程でそのような能力が身に付くだけでなく、学校の目指していく姿勢が当塾の理念と重なる部分があります。このような理由から、桜修館受検コースを開講しました。

カリキュラムは基礎力を着実に身につけて適性検査に応用していけるものになっています。小学5年生終了までに小学校の学習範囲をすべて終えることを目指しています。その後1年間かけて、身につけた基礎力を使って、適性検査に必要な考える力・表現力を磨いていきます。

カリキュラム

小学4年生

4・5年生の範囲を学習
桜修館中学入試では、表現力など作文に目が行きがちです。 しかし多角的な見方や多様な表現力を身につけるためには、前提として基礎となる学力が備わっていることが必要です。 適性検査と言いながらも難易度の高い問題が出題されおり、中堅私立中学受験レベルの学力が必要です。 そこで当教室では基礎固めのため、4年生の1年間で4・5年生の算数・国語・理科・社会を学習します。 当教室で採用しているセルモシステムは、指導経験豊富な超一流講師の授業を視聴してもらってから、問題演習をする仕組みになっています。 苦手な単元は繰り返し学習できますし、頑張ればどんどん先に進むことができます。

小学5年生

6年生までの範囲を完成と文章力の強化
基礎固めとして、小学6年生の教科書レベルの学習を完成させます。並行して私立中学受験でも使用する基礎的な特殊算の学習もします。 また、適性検査問題に慣れるため、適性検査型受験用テキストを使用して思考力や表現力を学んでいきます。 あわせて、国語速読を通してたくさんの文章に触れることにより、多角的な考え方や表現方法を学んでいきます。 そうして培った基礎力を武器に、いよいよ桜修館受検の特色ともいえる作文の対策のために、実際に作文を書いていき、表現力に磨きをかけて行きます。

小学6年生

適性検査に特化した学習
5年生までに固めた基礎を実践レベルに上げるため、演習を中心としたカリキュラムを組んでいます。 適性検査用テキストを使用し多くの演習を行いながら、答えのない問題にどのように対応していくか、切り口はどこにあるかなど自ら考える訓練をしていきます。 作文演習では添削指導を通して同じ作文を何度も繰り返し書くことで、合格点をとれる作文が書けるように指導します。

教材

当教室では、桜修館中等教育学校の適性検査問題を徹底的に分析して合格に必要な教材を厳選しています。以下の教材を3年間で学習して、基礎から応用までしっかり勉強していきます。

基礎固め用テキスト
公立中高一貫校対策問題集 文系F・S 理系F・S
公立中高一貫校対策テキストステップ1〜3
公立中高一貫校対策テキスト6年前期・夏期・後期
みんなの速読

料金

学年 授業時間 科目 月額授業料 教材模試費用
小4 90分×週3回 算数・国語・理科・社会 初年度特別価格 12,150円
24,300円
0円
小5 90分×週3回
作文60分(自習)
算数・国語・理科・社会
私立中学受験算数・作文演習
適性理系・適性文系・国語多読速読
24,300円 前期:38,720円
後期:38,720円
小6 120分×週4回 適性演習・作文演習
適性理系・適性文系・国語多読速読
43,200円 前期:40,000円
後期:40,000円

・ 金額はすべて税抜です
・ 授業は曜日・時間帯選択自由です

PAGE TOP